日本人の生き方とインド人の生き方

日本人の生き方とインド人の生き方

私はこれまでの人生で、世界中の国を80カ国以上訪れました。

世界の色々な国に友人がいます。

この地球という同じ惑星には、自身が想像し得なかった場所があり、人々が生活し、風が吹いています。

自分が日本人であること。

日本人とは何か。

何が正しくて、何が正しくないのか。

多様な人とのふれあいは、人としての本質的な問いと向き合わざるを得ません。

日本の常識は世界の非常識であり、世界の常識は日本の非常識であることを実感します。

ここでは、日本人の生き方とインド人の生き方について触れてみたいと思います。

迷惑をかける事と許す事

迷惑をかける事と許す事

日本では、子どもに「他人に迷惑をかけてはいけません」と教えますよね。

きっとあなたも、周囲の大人からそう言われて育ってきたのではないでしょうか。

インドでは「あなたは他人に迷惑をかけて生きているのだから、他人のことも許してあげなさい」と教えるそうです。

確かにインドでは、人と人との距離感が日本に比べて近いです。

私はインドの駅で次の電車を待つ際に野宿したことがありますが、そのとき、周囲の見知らぬインドの人たちが、私がトイレに行く際に荷物を見張っていてくれたり、食べ物を分けてくれたりしました。

その代わり、「これは何だ」だとか「○○についてはどう思うんだ」など、こちらの疲れを慮ることなくいつまでも話を続けてきたりしました。

私たちは、生きているだけで人に何かしらの迷惑をかけています。

ひょっとしたら、迷惑をかけまいというその配慮が、余計な迷惑なのかもしれません。

迷惑という言葉をどう解釈するか

迷惑という言葉をどう解釈するか

「あなたは他人に迷惑をかけて生きているのだから、他人のことも許してあげなさい」という話をすると、「じゃあ人に迷惑をかけてもいいのか」「人を傷つけてもいいということなのか」という話をする人が必ずいます。

ふうやれやれですが、これは「迷惑」という言葉の解釈の違いです。

「他人に迷惑をかけるな」と言っている人たちと、「生きていく上で、周りに迷惑をかけざるを得ない」と言っている人たちは、同じ「迷惑」という言葉を用いながらも、意味しているところが異なります。

  • (本来かけなくていい)迷惑はかけるな
  • (一方、どんな形であれ)生きていく上で誰かに迷惑をかけている(のは忘れるな)

というのは、矛盾する考え方ではありません。

ところが、人は言葉が発するエネルギーに縛られます。

生きて行く上で「息苦しさ」を感じてしまうのはなぜか?

日本は、特に今の日本は、人に迷惑をかけることに対して過剰に敏感になっているように思えます。

それが、生きていく上での息苦しさに繋がっているような気がします。

最近、消防団員が制服姿でうどんを食べて、「おかしくないか」という通報が入った、というニュースを目にしました。

一体、うどんを食べた消防団員は、通報した人にどんな迷惑をかけたというのでしょうか。

なぜ、自分の正義感を人に押しつけるのでしょうか。

私が以前旅したマダガスカルというアフリカの島国で、素敵な光景を眼にしました。

老夫婦が経営しているペンションだったのですが、自分もタバコを吸いながらビールを飲みながら、フランス本国から来ている常連客と談笑していたのです。

私が注文したお酒がなかなかこなかったので催促したら、「悪い悪い、彼らは昔からの友人なんだ。良かったらお前も一緒に呑まないか」と笑顔で返してくれました。

そこからは英語に切り替え、私も楽しく一緒の時を過ごしました。

日本だったら、「こっちも客なんだぞ!けしからん」といったクレームになるのでしょうか。

生き方や考え方を選ぶのはあなた自身

生き方や考え方を選ぶのはあなた自身

日本の自殺率は、先進国で最悪レベルとされています。

人に迷惑をかけてはいけないという呪縛が、生き苦しさの一因を成している気がしてなりません。

故意に人に迷惑をかけたり、人を傷つけたりしてはいけないですが、そもそも人は生きているだけで人に迷惑をかけています。

ならば、人からかけられた迷惑も、少し寛容な心と態度で許してあげてもいいのではないでしょうか。

そのほうが、自分も他の人も生きやすくなる気がします。

世界は、生きているだけでつらいこともあります。

心が折れることもあると思います。

そんなとき、「迷惑をかけてはいけない」と、一人で頑張るのが日本人でしょう。

でも、人ってそんなに頼ってはいけないものでしょうか?

自分が弱っているときは誰かに助けてもらえばいいし、その代わり自分が大丈夫なときは誰かを助けてあげればいいのではないでしょうか。

日本人の「他人に迷惑をかけてはいけません」という生き方、インド人の「あなたは他人に迷惑をかけて生きているのだから、他人のことも許してあげなさい」という生き方。

矛盾する考え方ではないですし、本質では同じことを指していると思います。

ですが、私はインド人の生き方、考え方のほうが好きです。

あなたは今、どんな生き方を選んでいますか? http://credit-n.ru/zaymyi-next.html

K S理事・天職発見コーチ

投稿者プロフィール

「天職の学校」発案者、理事、講師。

人間の本質から天職を導き、やりたいことをやりながら必要十分な収入を得る方法を確立。

この著者の最新の記事

関連記事

今話題の記事

  1. 「やりたいことがわからない」と嘆く学生の方へ!あなたのゴールは就職することですか?

    「やりたいことがわからない」と嘆く学生の方へ!あなたのゴールは就職することですか?

    今の自由を手に入れる前、マッサージのお店を経営していた頃のお話です。 多くの方々の相談に乗ることも…
  2. コンサルタントとしてのあり方

    コンサルタントとしてのあり方

    私は、組織人事コンサルタントとしての自身のあり方を以下のように捉えている。 それは、「起業家」・「…
  3. 【ファシリテーショングラフィックを天職に】心の底にある想いを可視化するという事

    【ファシリテーショングラフィックを天職に】心の底にある想いを可視化するという事

    天職の学校を始めてから、様々な出会いがあります。 そんな中、強烈なエネルギーを放つ一人の24歳の女…

ピックアップ記事

  1. 自己評価が低い人ほどやりたい事が見つからない?「どうせ私なんて」と思ってる人に読んでもらいたい記事
    セルフイメージという言葉を聞いたことがありますか? セルフイメージとは、自分に対する認識のことを言…
  2. コンサルタントとしてのあり方
    私は、組織人事コンサルタントとしての自身のあり方を以下のように捉えている。 それは、「起業家」・「…
  3. やりたい事がないなんて真っ赤な嘘?あなたのやりたい事を見つける具体的な方法
    「やりたい事なんてない」と思われてるあなた! それは、勝手にあなたの中で思い込んでしまっているだけ…
  4. 「人には必ず輝ける場所がある」あなたの咲ける場所の見つけ方
    「人生頑張って生きてるのに、なんだか報われていない。」 そう感じてる方って、実は多いはずです。 …
  5. 自分を知る、天職を知る~アセスメントの深淵へ~
    ―世の中にあまたあふれる職業の中から、適職ではなく天職を探すこと― 私は、そのための一番の近道は…

おすすめ記事

  1. 堀江貴文「多動力」の書評!人生でやらない事と付き合わない人を決めよう

    堀江貴文「多動力」の書評!人生でやらない事と付き合わない人を決めよう

    堀江貴文氏の「多動力」は、発売以来様々な場所で話題を呼んでいますね。 多動力について、様々な場所で…
  2. 「誰かに決められた期限なんてない」自分の人生を生きてみよう!

    「誰かに決められた期限なんてない」自分の人生を生きてみよう!

    先日、かなり拡張したい!と思った動画と出会いました。 自分自身の年齢に焦りを感じてたり、もう年だか…
  3. 「自分」という人間の本質を知るための3つのツール

    「自分」という人間の本質を知るための3つのツール

    自らの天職、自分がやりたいこと、ライスワーク=ライフワークになること。 その出発点として、「在り方…
ページ上部へ戻る